さて、いろいろお話してきましたが、最後に内膜症の種類と症状を紹介します。

 

前にも言いましたが、婦人科へ行くのがちょっと…と思ってしまう未婚の女性に多いにもかかわらず、放っておくと重症化、不妊というリスクを少なからず受けてしまいがちな病気なので、どうか早めに以上に気付き、診察を受けてください。生活に支障をきたすほどの痛みや激痛に襲われた時は、もう重症化しているかもしれませんからね。

 

子宮内膜症にはこのような種類があります。

 

「腹膜病変」

これは比較的症状が軽く、自覚症状のないまま自然に治っていたりするそうです。

 

妊娠すると多量に分泌される女性ホルモンプロゲステロンによって、消滅するほど無自覚に進行するタイプだからです。
しかし月経を何年も繰り返し、妊娠しない(月経のお休み期間がない)でいると、進行し他の臓器に癒着してしまうこともあるので注意が必要です。

 

「卵巣チョコレートのう腫」

これは卵巣に入り込んだ内膜組織が増殖し出血をするので、卵巣自体が大きくなっていってしまうタイプです。
溜まって古くなった血液がチョコレートのような色になることからそう呼ばれているとか。




子宮内膜症の種類と症状

「ダグラス窩(か)閉塞」

子宮の後ろ側と直腸との間にある「ダグラス窩」と言われるくぼみで増殖するタイプのもの。
子宮と直腸が癒着して、このくぼみが塞がってしまいます。

 

以上が子宮内膜症の主な種類ですが、どういうわけか内膜組織が肺の方へといき、肺子宮内膜症などと呼ばれるものも存在します。
月経のたびに血痰が出ることで発覚するそうです。

 

内膜症は重症化する前に発見できることが重要なので、ここでその症状をお教えしますね。

(これはあくまでも、参考になさってください)

 

○生理の時に下痢をする
○生理痛が以前よりひどくなっている
○薬を飲まないと我慢できない生理痛がある
○排便の時下腹部が痛む
○排卵のころに下腹部が痛む
○経血にレバーのような血のかたまりが混ざる
○腰が重い感じがある
○貧血がある
○生理になると吐き気やめまいがする
○最近、血尿や血便が出た
○おりものが増えたり、茶褐色のおりものが出る
○便秘がちである
○常に下腹部痛や腰痛がある
○性交痛がある
○結婚している場合、避妊なしで2年以上妊娠しない

 

以上です。
この項目に当てはまるものが0〜5個なら、今のところ問題なし。

 

6〜10個だと子宮内膜症の可能性がある。

 

11〜15個の場合、可能性が高いそうなので要受診ですね。

 

 

ちなみに私は3年ほど前(2人目出産からおよそ4年後)から、確実に出血の量が増えました。
上の項目にも8項目も当てはまりました。もともと生理が重いタイプなのであまり気にはしてませんが…。
自然治癒力を高めたい…。

 

自分だけの予防ではなく、娘たちのためにも、今一度生活を見直したいと思います。