ホルモンバランスの乱れによる症状B肌荒れ・ニキビ・乾燥

ホルモンバランスが崩れると、トラブルが起こってしまうのは何も身体の中だけではありません。
ホルモンバランスの乱れはあなたの大切なお肌の状態をも乱します。

 

 

排卵後〜生理前はプロゲステロンの分泌が増え、エストロゲンの分泌が減ります。

 

なので、生理前にはニキビや吹き出ものが増えたり、お肌が荒れる…と以前の項目で記しました。
※エストロゲンの分泌が増えると、体も心も安定し、体調が良くなります。

 

※プロゲステロンの分泌が増えると、頭痛や腹痛、イライラ感が増したりします。

 

 




それぞれのホルモンがお肌に与える影響とは?

 

エストロゲン

お肌の表面層の水分を保持し、お肌の潤いを保つ働きをします。真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進する働きもあるので、お肌のハリを保ち、シワ・たるみを予防します。

 

生理が終わったあと〜排卵まではエストロゲンが多く分泌するので、この時期のお肌は、十分に水分を保ちハリのあるみずみずしい肌をキープすることが出来るのです。

 

 

プロゲステロン

プロゲステロンは、お肌にとって「皮脂の分泌を促進する」という作用を持つホルモンです。

 

肌表面を保護する意味である程度の皮脂は必要不可欠なもの。

 

女性ホルモンからくる肌荒れ・ニキビ・乾燥

しかし、排卵後〜生理前は多量のプロゲステロンが分泌されるので、ともすれば皮脂量が過剰になることも。肌の表面が脂っぽくなると、ニキビの原因になったりくすみやむくみの原因となります。

※※ニキビには、ビタミンC誘導体がよいっていいますよね。

 

ただでさえ生理前にはお肌が敏感になるのに、ホルモンバランスが崩れることでさらにお肌が不安定な状態になるのは当たり前ですね。
肌荒れやニキビ、人によっては乾燥する方もいらっしゃいます。

 

特にシミなどにも注意ですね。シミといえばハイドロキノンが有効ですがハイドロキノンだけではだめです。
正しい生活から生まれるホルモンのバランスとターンオーバーにより肌サイクルが改善されるのです。

 

注意肌荒れ
ホルモンバランスが崩れると、お肌の新陳代謝を阻害します。
約28日の周期ではがれおちるはずの古い角質が残っていたり、お肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすい状態に。これが肌荒れの原因です。

 

注意ニキビ
皮脂の分泌を促進するプロゲステロンが過剰に分泌されると、皮脂が大量にお肌の表面に。
毛穴がつまりニキビや吹き出ものが出来やすい状態になります。

 

注意乾燥
美肌ホルモンと呼んでもいい「エストロゲン」の分泌量が減るとお肌はハリを失い、乾燥の原因になります。

 

年齢を重ねるとどうしてもこのホルモンの量は減っていきますが、ストレスや不規則な生活、過剰なダイエットなどでも簡単にホルモンバランスは乱れます。

 

 

若くてもなる更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因・・