ホルモンバランスの乱れによる症状C更年期障害

閉経の時期が近付くと

 

  • 「夜、十分に眠れない」
  • 「体がだるくて何をするにも億劫になる」
  • 「突然のぼせたり、顔が体がほてる」

 

など特有の症状が出ることがあります。

 

最近はまだ閉経には早い年齢からこれらの症状に悩まされる方も多いのだとか(若年性更年期障害)。

 

あなたは大丈夫?

 

 

 




ホルモンバランスと更年期障害

40〜50歳代になると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌は加齢により減少します。

 

脳の視床下部から卵胞刺激ホルモンが分泌され、「エストロゲンを分泌しなさい」という指令が
出るのですが、卵巣はその指令に応えることができず、卵胞刺激ホルモンだけが常に出続けることになります。

 

エストロゲンの分泌は減り、卵胞刺激ホルモンの分泌は増える…。

 

これがホルモンバランスが崩れるということ。
大なり小なり、人それぞれ様々な症状が表れます。

 

つまり、エストロゲンの分泌が大切なのですね。

 

注意更年期障害の症状

〈身体上〉 頭痛・のぼせ・ほてり・動悸・ひん尿・高血圧・骨粗鬆症など

 

〈精神的〉 イライラ・倦怠感・突然の不安感・不眠症・うつ病など

 

 

これらの症状は、軽い人から、日常生活に支障をきたすほどひどい人まで千差万別。
ベッドから起き上がれない日が何日も続く、外出もできないくらいなら医療機関での治療が必要となります

 

 

若年性更年期障害

日本人女性の閉経の平均年齢は51歳前後と言われています。

 

まだまだ閉経には早い20代〜30代なのに月経が止まってしまい、上記のような症状に身に覚えがあるなら、病気などの理由により人より早く閉経してしまう「早発閉経」かもしれません。

 

しかし若い女性の月経不順をともなう心身の不調は、ストレスや急激なダイエットなどによる
「ホルモンバランスの乱れ」が原因の可能性が高くなります。

 

よって若年性更年期障害の疑いがある女性は、まず第一にストレスを軽減することを考えましょう。

 

無理なダイエットは厳禁。喫煙も血行を悪くするのでホルモンバランスを崩す原因になってしまいます。

 

このページに書いてある知識が少しでもあなたの健康のお役にたつことをお祈り致します!

 

サプリメントでホルモンのバランスを整えるにはこちら!

 

 

それでも解消されないなら是非、医療機関での診察を受けてみてください。