ホルモンバランスの乱れによる症状@生理不順や生理痛

ホルモンバランスが乱れることにより、どんな症状が出るのでしょうか?

 

 

まず初めに挙げられるのは、生理不順生理痛

 

生理周期がまちまちだったり、会社や学校に行けないなど日常生活に支障をきたすほどのひどい生理痛など。

 

また無月経といって生理が全然こない状態の方が、最近は若い女性の間で多いのだとか。

 

これらは子宮筋腫などの病気が原因の場合もありますが、
いちばん大きな原因はホルモンバランスの乱れと言われています。

 

ただの生理不順と侮らないでください。

 

ほおっておくと不妊症の原因にもなり、最悪の場合妊娠が望めない身体になってしまうことも。

 

特に若い女性には「生理がこない方がラクでいい」なんて思っている方もいるかもしれませんが、将来のことも考えて、生理不順を軽く見ないでほしいものです。

 





生理不順

 エストロゲンプロゲステロンの両方とも正しく適正な量の分泌があれば、

 

  1. 排卵⇒
  2. プロゲステロンの作用による子宮内膜の準備⇒
  3. 受精卵が着床しなかったことにより、不要になった子宮内膜が放出(生理)⇒
  4. エストロゲンの分泌による次の生理の準備

 

…といった一連のサイクルはスムースに行われます。

 

そのサイクルの期間がまちまちである、というのはやはりホルモンバランスが乱れている証拠です。

 

 

悩める女性

 

 

生理痛

 生理がはじまると、子宮は収縮して経血を外に排出しようとします。この収縮を促すのがプロスタグランディンという女性ホルモン。

 

このホルモンの分泌が多すぎると収縮が強すぎて生理痛の原因となります。
学校や仕事にも行けない、また、このホルモンの分泌異常は頭痛や腰痛、肩こり、冷え、むくみなどを引き起こすことも。

 

ホルモンバランス

 

 

その他の月経異常は・・

 

 

スポンサードサーチ広告
プラセンタのサプリメントといえば、MDポーサイン100
JBPポーサイン100と同一成分。
楽天市場では、ウィークリー部門、プラセンタ部門、ともにランキング1位!
MDポーサイン100について詳しくはこちらへ ホルモンバランスを整えるには、やっぱりプラセンタ!