シミができるメカニズム

すべてはホルモンバランスの乱れから発生する!

 

 

紫外線により日焼けしたお肌が、やがて「シミとなって表皮に残る」のは、正常なターンオーバーがされていないためです。

 

ストレスや不規則な生活などは、体のホルモンのバランスが乱される大きな要因です。

 

バランスの乱れた体は、その他の要因もかさなるとDNAの損傷が発生してしまい正常な身体の情報を保てなくなります。

 

つまり、ホルモンのバランスが正常であれば、ターンオーバーが通常どおり機能するため、理論上は表皮にシミとして残りません。
こころも、体の美容も、ホルモンバランスを整える事が大切なのです。

 

 

また、いまあるシミに対して有効な成分として「ハイドロキノン」があります。

 

市販の化粧品の中に、ハイドロキノンクリームが配合されているものは要チェックです!

 

肝斑にもきくハイドロキノン
さー2ヶ月のシミ対策!楽天市場のお店をご紹介

 

 

ホルモンバランスを整えるには、プラセンタって気がします。
女性のお悩み