女性の救世主エクオールの凄さ

女医ポイント

女性ホルモンには「大豆のイソフラボン」が関係しているという認識を持っている女性の方が多いと思います。

では、なぜこの「大豆のイソフラボン」が良いのかご存知でしょうか?

 

実は、女性ホルモン「エストロゲン」というものが、女性の若々しさ等に大きくかかわっているのですが、大豆のイソフラボンの1つといわれる「ダイゼイン」という成分は、腸内に入ると、腸内細菌により「エクオール」というものにかわり、女性ホルモン「エストロゲン」に似た女性の若々しさや健康の源となっていたのです。

 

シワが軽減

この「エストロゲン」に似た成分を含む「大豆」をお味噌汁などでよく食べる日本人は、欧米人に比べ、骨粗しょう症が少なかったり、50代前後から起こり始めると言われている「更年期障害」も軽いと英国の医学専門誌に取り上げられたこともあるのです。

 

すでに閉経している女性がエクオールを摂取したところ、目尻のシワの面積が減ったり、更年期障害の症状が緩和したとの研究報告があるほか、エクオールが体内に多い人はPMS(生理前症候群)の症状が軽いと言われています。

 

 

 

体内でエクオールを作れる人と作れない人がいる??

 

ハンバーグ

一般に、この「エクオール」を作れる人の割合は、欧米の20-30%に比べ、日本、中国や台湾などの国々では約2倍の50%と高くなっています。

これは、日頃から味噌汁や納豆、豆腐など大豆をよく食べる習慣のある国だからだといわれています。

 

しかし、そういったすばらしい習慣がある日本でも、食生活の欧米化からか、特に若い年代層では、エクオールを作れる人は、少なくなっています。そして、そういった人々はサプリなどで補ったり、大豆製品を食べているにも関わらず、その効き目を実感出来ていません。

 

こういった人は体内で「エクオール」を作れない人ということになります。

 

自分がエクオールを作れるタイプの人間か、そうでないか、簡易キットで知ることが出来ます。
これは、インターネットで購入が可能なので、調べてみるのもいいですね。

 

 

エクオールを作れないタイプだったらどうしたら良い??

 

エクオールを作るために必要な腸内細菌は主に大腸に住む15種類と報告されています。
中には、乳酸菌、「ラクトコッカス20-92」というものも確認されています。

 

エクオールを作れない人というのは、こういった細菌が腸内に少ないなどの理由が考えられるため、そういう人のために、「エクオール」そのものの食品化が進められています。

 

 

気になるエクオールの4大作用とは??

 

 エストロゲン様作用

 

年齢と共に減少していく女性ホルモン「エストロゲン」
エクオールはこの減少した「女性ホルモンエストロゲン」の受容体(レセプター)埋めることで、エストロゲンに似た働きをすることで、骨や皮膚、血管、脳を含め体全身を守るよう働きかけます。
更年期に見られる、ホットフラッシュの回数や、首、肩こりの頻度もエクオール摂取期間中は改善しているという結果が出ています。

 

肌への作用:

シワやたるみの改善

骨への作用:

骨粗しょう症の予防や改善

脳への作用:

更年期障害からくる症状(不安、憂鬱、物忘れ、認知症等)の緩和

血管への作用:

メタボリックシンドローム(心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化等)の予防

 

抗酸化作用

 

日常生活におけるストレスや環境から起きる体の酸化を防ぎます。

 

抗エストロゲン作用

 

エストロゲン様作用と共に、エクオールの大きな特徴の一つに、過剰に作用するエストロゲンを抑制する抗エストロゲン作用というものがあります。
本来、女性の元気に大きく貢献しているエストロゲンですが、この作用が過剰になりすぎると、逆に体に悪影響を及ぼします。
乳管という乳房にある器官は、このエストロゲンの影響を受け易いために、過剰なエストロゲンは乳がんリスクを上げる危険性があります。
エクオールは、この乳管などの過剰なエストロゲンを抑えることで、乳がんのリスクを下げる可能性があると期待されています。

 

抗アンドロゲン作用

 

男性の病気で上位を占める「前立腺ガン」や男性に起こりやすいと言われる「毛髪の脱毛現象」はアンドロゲンの過剰な作用が影響していると言われています。
DHT(ジヒドロテストステロン)という活性体とエクオールが結合することで、アンドロゲン受容体にDHTがはまり込むのを妨げ、過剰なアンドロゲンの作用を抑えることが出来ます。

 

アンドロゲンとは
性腺(精巣や卵巣など)や副腎で作られる男性ホルモン全般。
女性の体にも微量ですが、アンドロゲンが存在します。